2017年5月21日更新

2003年に『東京獅子舞部』として立ち上げ、2009年に名称を『誕生獅子保存会』に変更し、神戸の生田神社に伝わる獅子舞を継承しています。

中国やインドから伝わってきた獅子舞は、日本では独自に発展してきました。私たちは日本の獅子舞を通して、お祭り、挙式披露宴、海外交流パーティなどに出演しています。

昨今は獅子舞を見る機会が減ってきましたが、
日本の伝統文化の一つを大切に守っていきたいと思っています。

私たちの獅子舞の特徴は、演舞のなかで
獅子の赤ちゃんが生まれることです。全国的に珍しい演舞です。

メンバーは10代〜50代で、品川区・大田区の体育館などで練習しています。

出演のご依頼は、お気軽にお問い合わせください。
ご見学はいつでもどうぞ!
メンバー募集中!
ご興味がある方、真剣にやってみたい方など大歓迎です!まずはご見学からどうぞ。
一緒に、日本の
伝統芸能を残していきませんか。メイド・イン・ジャパン!
 
 ■予定       ■誕生獅子とは? 
6月3日(土)〜4日(日) 宝泉寺 鬼子母神祭 戦後、神戸大空襲を受けた町の復興のために生田神社宮本町の氏子たちが誕生獅子を立ち上げました。

千早振る
 生田の森
(かみ)を奉り
  獅子を舞う
6月 練習
7月8日(土) 練習 五反田文化センター 9:30〜
7月9日(日) 百寿・紀寿のお祝い(新宿)
8月27日(日) 練習 品川総合体育館 18:00〜
2018年2月17日(土) THEこども寄席 2018新春スペシャル
 ■TOPICS  
  生田神社 春祭り(4月16日  ■活動記録 
  THEこども寄席 新春スペシャル (1月14日15日2月11日    2003年
  東京おかっぱちゃんハウス 新年会 (1月7日  2004年
 2005年
 ■活動の紹介    2006年
  披露宴・二次会    2007年
  介護施設、幼稚園  2008年
  海外公演  2009年
   2010年
   2011年
 ■法被のデザイン   2012年
デザインは、神戸を代表する版画家の川西英氏です。
 2013年
 2014年
 ■動画   2015年
『誕生獅子』
 2016年
笛の練習
 2017年
脇の練習(1)(2)
神戸は三宮、生田神社の獅子頭保存会の獅子舞を継承しています。
獅子舞は中国を発祥とし、中国では獅子舞が龍舞とセットになり鍛錬が必要な舞踊となりましたが、日本では各地へ伝播して過程で多様化し、神社に伝わる神事芸能と町村ごとの
庶民芸能へと分かれていきました。獅子舞には厄払いや五穀豊穣の願いがこめられていて、それが転じて"獅子舞に噛まれると縁起が良い"と云われるようになりました。
生田神社に伝わる獅子舞は、演舞中に赤ちゃんの獅子が生まれるのが特徴です。全国的にも珍しい演舞です。
   お問い合わせ (Eメール) 代表 木藤 準人
HAYATO KITO
 
   みんなの掲示板  1970年 神戸生まれ
   きとやん日記  身長187.8cm、体重85.6kg

Copyright(c) 2009, HAYATO KITO